睡眠の質を高める方法

トップページ
上手な睡眠の取り方のすすめ
上手に睡眠が取れていますか?
不眠症と睡眠不足は「上手な睡眠」で解決
お酒を飲むと、実はちゃんと眠れていない?
上手なお風呂活用法!
カフェインの入った飲み物に気をつけよう
睡眠前にはタバコも注意!
睡眠に理想的なマットレスとは?
自分に合った枕の選び方
自分に合った布団の選び方
上手に抱き枕を利用しよう!
リラックスできるパジャマを着用する
「ホットミルク」が効果的!
リラックスできるハーブティの種類とは?
就寝前の考えすぎは禁物
リラックスできる音楽を聴こう
睡眠に効果的な食品「野菜編」
睡眠に効果的な食品「おかず編」
睡眠に効果的な食品「その他編」
イメージを利用して上手な睡眠を!
理想の寝室の環境とは?
 

 
 
 
 

毎日グッスリ眠りましょう!睡眠の質を高める方法!>寒い夜の対策をご紹介します

冬というと、「寒くて夜中に何度も目が覚めてしまう」という方も、
多いのではないでしょうか。

特に、体の末端である手足は冷えやすく、上手な睡眠を取るのも
難しくなると思います。


冬に上手な睡眠を取るためには、暖かくするのはもちろんのこと、
湿度にも気を配らなければ体調を崩してしまいます。

こちらのページでは、冬でも上手な睡眠を取ることのできる方法を、
簡単にではありますが、ご紹介します。

◆暖房器具を使用する
就寝の1〜2時間前から、寝室に暖房を点けておき、部屋を隅々まで暖めておくと、
冬の寒い夜でも快適に眠ることができます。

暖房器具の設定温度は、18〜22℃が理想です。



◆湯たんぽを使用する

湯たんぽを足元に置いて眠りにつくと、足元が温まるので、
眠りにつきやすくなります。

◆湿度を50%前後に保つ
暖房器具を使用するため、寝室は乾燥しています。

乾燥していると、喉を痛めてしまうので、洗濯物や濡れタオルなどを
寝室につるしておいて、快適な湿度を保ちましょう。



簡単な紹介になってしまいましたが、このように様々な工夫をすることで、
冬の夜も上手な睡眠を取ることは可能です。

体調を崩しやすい時期でもありますから、上手な睡眠が取れるように、
様々な工夫をしましょう。

 
 

睡眠の質を高める方法

安心できる寝室の環境を作ろう
リラックスできる寝室の色合いとは?
睡眠に適した照明とは?
暑い夜の対策をご紹介します
寒い夜の対策をご紹介します
就寝前にストレッチを!
運動をしてグッスリ眠ろう!
睡眠に効果のあるツボ
アロマを利用してリラックスを!
あえて難しい本を読む方法
鼻呼吸と口呼吸の違い
パソコンやスマホは要注意!
朝日を浴びることが重要!
昼寝をうまく活用しよう!
入眠儀式を作って快適な睡眠を
睡眠前におなかがすいてしまって時は?
頭痛がするときの睡眠の裏ワザ
災害時の上手な睡眠方法
夜勤に備える睡眠方法
 

その他

当サイトはリンクフリーです!
相互リンク募集中!
相互リンクのページ≪1≫
相互リンクのページ≪2≫
相互リンクのページ≪3≫

           
            10
 

inserted by FC2 system